河原デザインスクール・トップ案内請求読書のすすめ一覧へもどる

インパール


高木俊朗 (文春文庫)

太平洋戦争において、ビルマ・インド国境で戦われた、いわゆるインパール作戦は、地獄の戦闘として知られている。無謀な指揮官の犠牲となった兵隊たちの魂に捧げる真実を追求したドキュメントの力作。


星の王子とわたし


内藤濯 (文春文庫)

名訳「星の王子さま」で知られる著者が、サン・テグジュペリの生涯を追いながら、同時に自分の心の中に住む“星の王子さま”を探し求めて、読者の心に清々しい感動を与えるエッセイ。解説・波多野完治。


世界史の十二の出来事


中野好夫 (文春文庫)

アラビアのロレンス、河井継之助、ロスチャイルド家、エカテリーナ二世、ロベスピエール、トマス・ペインなど世界史のなかから十二のテーマを選んで、歴史における人間の運命を考察した面白いエッセイ。


読書と私


文芸春秋編 (文春文庫)

子供の頃に読んだ本の思い出、青春時代にめぐりあった一冊の本、主人公に同化する密かな喜び、さらには読書不要論などなど、芥川賞・直木賞受賞作家二十九人が自己の体験から新たに書下した珠玉エッセイ集。
井上靖/井伏鱒二/池波正太郎/石川達三/五木寛之/色川武大/遠藤周作/長部日出雄/大江健三郎/北杜夫/黒岩重吾/庄司薫/城山三郎/杉本苑子/田辺聖子/陳舜臣/永井路子/新田次郎/野坂昭如/野呂邦暢/畑山博/半村良/丸谷才一/丸山健二/三好京三/安岡章太郎/山口瞳/吉行淳之介/渡辺淳一


ロマン・ロランの長編小説十巻


ジャン・クリストフ 1904−12年刊 

ベートーベンをモデルにしたといわれる作曲家、ジャン・クリストフを主人公にその精神的成長を描く。当時一世風靡した小説。


入門 宇宙論


高橋典嗣 , 二間瀬敏史 (著) (洋泉社MOOK)

ダークマター、ダークエネルギーとは?宇宙の果ては? 地球外生命体は存在するのか?ヒッグス粒子がもたらすものとは? 最新理論が138億年の謎を解き明かす! 宇宙物理学者でインフレーション宇宙論の提唱者として知られる、東京大学名誉教授の佐藤勝彦氏らのインタビューも収録。


様々なる意匠・Xへの手紙


小林秀雄 (角川文庫)

第一部は著者の文壇登場作である「様々なる意匠」近代日本文学の根底にある問題を提起した「私小説論」「文芸批評の行方」など代表的論文八編。第二部は、処女作「一つの脳髄」を始め「Xへの手紙」「おふえりや遺文」など著書の誕生と成熟を物語る創作六篇を収めた。


ドフトエフスキイの生活


小林秀雄 (角川文庫)

年少にして母を失い、父は農奴に惨殺され自らは空想的社会主義者の群に投じて社会改造を夢みる文学青年ドフトエフスキイは金使いの荒いブルジョア息子であった。思想犯、死刑囚、シベリア流刑人、姦通、失恋パリ旅行、借金、賭博、あらゆるどん底の痛苦の中で溢れる人間への愛。彼の作品は血と涙の結晶なのだ。

前のページ  > 松本清張・丸谷才一・森 敦・秋田實・中野好夫・小林秀雄> 次のページ